妙高市美守の産科,婦人科,小児科 愛クリニック 〒944-0016 新潟県妙高市美守1-12-9 TEL 0255-72-4103 

                                                      

rss

夏のしょっかち

夏のしょっかち

ずいぶんと前、私がまだ独身だったころのこと。

大学からの出向で上越の国立高田病院(現 上越地域医療センター病院)に赴任して間もないころ、
「おなかがしっくらもっくらして、トイレにばっか行きたくなるんだけど、しょっかちかね?」と言って、外来を受診したおばあちゃんがいました。
まだひよっこ医師だった私は「・・・・????」
そこで、当地で生まれ育った看護師さんが
「『しょっかち』って膀胱炎のことですよ。」と教えてくれました。
 
半年もすると、いっぱしに「すっきりしないし、痛いし、すぐまたお手洗いにいきたくなるんなら、しょっかちかもしれませんねぇ、検査してみましょう。」と言えるようになりました。
 
最近は、「しょっかち」も、「しっくらもっくら」もあまり、聞かなくなりました。ちょっと寂しい気もします。
 
しょっかちという方言をあまりつかわなくなっただけで、病気自体がなくなったわけではありません。
実は、夏の暑い時期、特に女性は膀胱炎になりやすいのです。
 
暑くなって、いつもよりたくさん汗をかくと、その分、尿量が減るので、排尿回数が減って、雑菌が繁殖しやすく、膀胱炎になりやすくなります。
夏バテで免疫力が落ちていたり、汗をかいた後クーラーにあたって体が冷えたりするのも、原因になっているかもしれません。
 
熱中症予防にも、膀胱炎予防にもしっかり水分をとることがとても大事です。
 
暑い夏を、元気に乗り切りましょう


2017-08-02 19:14:51

女性のきれいと元気   |  トラックバック (0)

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.ai-clinic.info/app/TrackBack/receivetb/SID/m0094249/EID/67

トラックバック記事一覧