※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

HOME»  お知らせ

診療体制変更後1年目のご挨拶

 

お早うございます。H29年5月5日の「こどもの日」の朝です。
診療体制変更後、1年目のご挨拶を、させていただきます

おかげさまで、昨日までに愛クリニックのFaceBookページへの「いいね!」も、250件以上頂いてきました。「いいね!」くださったすべての皆様に、改めてあつく、お礼申し上げます。

昨日総務省の統計局が発表した「我が国の子供の数の推移」をみると、あまり明るい気持ちになれませんが、子供たちの健やかな成長と明るい未来を、これからも大人が、創っていかなければならないと思います。

当院も、無床診療所のクリニック運営に移行して、はや1年経ちました。未だ、10年を遥かに超えて続けてきた、以前の体制との違いに、対応しきれていません。それでも日々は過ぎて行きます。

今年のGWを美守(ひだのもり)で過ごしながら、今後も当地で、今までよりもさらに幅広い年齢層の女性の、健康な日々のお手伝いに力を入れて参りたいと思いを新たにしています。それも、皆様のご賛同・ご支持があって、初めて出来ることとも思います。

当院は6日土曜日から平常体制に戻ります。今後ともよろしくお願いいたします。

写真は昨日、院長が関川の川原から撮影した妙高山です。

拝、院長・事務長長房

 

 

FaceBook、ツイッターのお知らせ

 

愛クリニックでは、FaceBook、ツイッターなどを通して、医療情報、当院のイベントなどの情報、地域の話題などを、お伝えしています。

 ツイッター: https://twitter.com/aiclinicjp
フェイスブック: https://www.facebook.com/AiClinicJP


記名記事のご案内

インターネットという世界を通して、「医療法人社団愛クリニック」の運営する保険医療機関「愛クリニック」が、「すべての年代の女性のキレイと元気、子供たちの健康的な成長を応援し、地域の皆様がより元気にお過ごしいただくために」ささやかなお手伝いとなるよう情報発信をしています。

我が国の産科婦人科領域や小児科分野を中心とした標準医療(保険医療、自由診療含む)や、それに付随する医療情報、その他の健康に関する情報の時節に応じた提供を行い、行政機関や医師会のご指導、ほかの医療機関様との連携の中で、当院が実施できる医療上の役割や在り方なども、できるだけ正しく皆様にお伝えし、皆様にお役に立とうと、運営しているページです。それに合わせて、街ネタなども取り上げていくページでもありたいと、思っています。

医療現場での医療機能提供はもとより、このサイトでの情報提供に関しても、私たちは、以下のように考えています。

当医療法人の理事長であり、施設長(院長)である長房麻美は、医師としての資格と良心に基づき、医療情報を提供する者です。
当院の事務長は、医療に関する有資格者では無く、当院を運営するにあたっての諸事務の統括を院内的に行う者である事を踏まえ、情報提供する者です。
よって、このページに記載する事項も必然、院長と事務長で、記載内容が異なってくることとなります。

今までも、医療に関する情報提供は院長自身が行ってきており、事務長は、妙高の季節の話題、当院や地域のイベント情報などの発信、お笑い情報発信
?を、主に行ってきました。

しかしながら、院長が記載したのか事務長が記載したのか不明なために、お読みいただく皆様の誤解を招く可能性があるかもしれないなと、という記事が若干あることに気が付きました。

そこで、愛クリニックから皆様に情報をお届けするに際しては、原則その文責を明らかにすることで、皆様により正しい情報を的確にお届けできるようにしたいと考えたわけです。

今後も院長と事務長が中心になりますが、将来的には看護スタッフ、事務・受付スタッフからもそれぞれの資格、得意分野を生かして、皆様のお役に立てる情報を発信していきたいと思っています。そのように、間違いなくこの仮想空間を、発展させるためにも、原則署名のルールのもと、皆様には正しい医療情報と健康・地域の話題などを、安心して収集できるサイトを目指してまいります。

なお、明らかに医療情報の提供ではない、会計前のシルバニアファミリーのご家族の投稿などは、無記名で行うこともありますが、その場合の文責は、施設管理者=院長にあります。何卒ご了承ください。

院長、長房麻美
事務長兼お笑い担当、長房靖之
平成29年4月2日吉日


自動代替テキストはありません。

 

【重要】妊婦検診継続と分娩取り扱い休止のお知らせ

諸事情により、平成28年3月中旬以降の分娩取り扱いを休止させていただきます。当院での分娩を予定されていた皆様には大変ご不便をおかけすることになり、まことに申し訳ございません。お産に関しての一切の関与を取りやめるものではなく、妊娠後期までの妊婦健診、緊急対応は今までどうりご受診いただけます。
出産は、設備の整った病院に、責任を持って御紹介する体制を整えます。
外来診療につきましては、いいお産ができる、お産が楽しみになる妊婦健診を全うし、婦人科部門、予防医療部門(予防接種、がん検診、アンチエイジング)をさらに充実させ、当地での地域医療にますます貢献できるよう努力する所存ですので、なにとぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

熊本地震義援金の募金箱設置しました

 

受付前に、熊本地震災害に対する義援金の募金箱設置しました。

被災地では、医療機関、分娩施設も甚大な被害を受けています。
皆様のご厚意は、公益社団法人日本産婦人科医会・公益社団法人産婦人科学会合同熊本地震対策本部を通して、
不足物資の供給、人材派遣など、被災地の産婦人科医療の復興に役立たせていただきます。


5月31日までで、合計9887円の募金をいただきました。手数料および端数分をスタッフが負担して、
合計1万円を 「愛クリニック募金箱 」名義で公益社団法人日本産婦人科医会・公益社団法人産婦人科学会合同熊本地震対策本部 に 送金しました。

みなさま ご協力ありがとうございました。