HOME»  ☆彡ナイスミディの健康~『更年期編』

ナイスミディの健康 ~更年期障害編~

更年期とは

 
 更年期とは、閉経の前後5年間くらいをいいます。閉経の年齢が45-55歳くらいと幅がありますので、いわゆる更年期の時期も人によって違います。少し長めにみて、40歳から60歳くらいでしょうか。
ナイスミディの世代です。

女性ホルモンが急速に低下することによって、身体や心に急激な変化が起こります。
女性の体は女性ホルモンで守られているので、女性ホルモンの値が下がってくるといろいろな不都合が出てくることが多いのです。
皮膚の弾性繊維の減少、骨粗しょう症、動脈硬化、糖尿病、高脂血症、などになりやすくなります。

また、自律神経のバランスもくずれやすくなり、ほてり、急激な発汗、動悸、息切れ、手足の冷え、肩こり、頭痛、ふわふわしためまいなども起こりやすくなります。

子供の進学や結婚など環境が大きく変わる時期とも重なるので、イライラや、気分の落ち込みなどの精神症状もでやすくなります。
 症状や程度は、人それぞれですが、日常生活に支障が出るほど具合の悪くなる方もいます。また、自覚症状はそんなに強くなくても、高脂血症や、糖尿病、動脈硬化などが、急激に進んでしまう方もいらっしゃいます。
女性の平均寿命は2015年現在で87歳です。ここ30年で約10年平均寿命は延びました。今50歳の方が80歳になる30年後にはさらに寿命が10年延びると考えると、平均寿命は100歳に届くかもしれません。

そう考えると、今更年期を迎えている方は、まだ、人生は真ん中くらいまでしかきていないのです。
女性にとってホルモン状態が、ダイナミックに変化する閉経前後をいかに快適に元気に過ごすか、何に気を付けて今後を過ごしていくかが、これからの人生の質を左右する要素として重要になってきます。

更年期障害は症状が様々なので、体調の不具合を、なんでもかんでも「更年期のせい」にしたり、
また、家族からなまけている、甘えていると思われたりしがちですが、
きれいで元気に年を重ねられるように、人生の節目となる更年期のからだの状態を、
診察や検査で、医学的に客観的に診断し、予防や治療に役立てていきましょう。


 

更年期障害の診察の流れ

問診

まずは、どんなふうに具合が悪いか、何に困っているかなどお聞きします。
月経の状態、自覚症状、日常生活への影響の程度などもお聞きします。

 

内診・超音波検査

卵巣・子宮内膜の状態などを診察します。
必要があれば、子宮がん検診、乳がん検診も行います
 

血液検査

女性の身体の周期に関わるホルモンの状態、貧血の有無や、高脂血症、糖尿病の有無などを調べます。

 

更年期障害の治療

生活の改善

ちょっとした体調管理のための生活上の工夫、食事療法などでも症状の改善がみられることもあります。

ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法(HRT)とは
更年期症状や更年期障害の治療のために、閉経前後に体内で不足してきた女性ホルモン(エストロゲン)を、飲み薬や貼り薬として補充する療法です。

ホルモン薬を使うと、太るのではないか、がんになりやすくなるのではないかと心配される方が時々いらっしゃいます。実は、婦人科医以外の医師の中にも、いまだに、ホルモン治療に否定的な方もいます。
しかし、HRTには、欧米を中心に40年を超える治療実績の蓄積があり、ホルモンの量、ホルモンの種類などを的確に調整することで効果のほうが、デメリットよりもはるかに大きくなっています。

 
個人にあった、治療法を選択すれば、副作用はあまり心配しなくていいのです。

更年期のころからHRTを始めた場合、高齢になって始めるよりも血管に対する副作用が軽減されるので、
長くHRTを続けることができます。
HRTを長く続けることで、骨粗しょう症、動脈硬化、高脂血症、糖尿病などを予防することができます。

詳しくは医師にご相談ください。


漢方薬

更年期障害には漢方薬による治療が、とてもよく効く場合があります。
漢方薬による体質改善を目指した治療法です。
様々な症状があったり、日によって症状が変化したり、検査では原因がはっきりしない場合などは、
漢方薬を使用し、体質を改善することでよくなる場合が多いのです。
また、先ほど説明したホルモン補充療法(HRT)をできない、あるいはしたくない場合にも、
漢方薬で自覚症状を軽くすることもできます。

更年期障害は通り過ぎるのを、我慢すればいいというものではありません。
しっかり治療して、楽しく生き生きと過ごしましょう。
きれいで元気な100歳目指して!